« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.30

寒いです。。

暖かくなったと思ったら雪が降りつもったりで、春なのか冬なのか分らない天気。。

P1010001_3


今日は、いよいよ県外の大学へ行く息子の荷物を送る日になりました。
寮に入るので、そんなに荷物は無いと思いきや、洋服、靴、ワックス、ドライヤー、鏡、コロンと‥
勉強よりお洒落が大事なのかと思うのは母だけかな?


|

2010.03.26

ブーケレッスン

ロマンティックなブーケになりました。。

       P1010005_3

生徒さんのブーケをガラスの花器にまとめています。。
まだブーケには慣れていないのですが、とってもお上手に出来ていましたheart04
可愛いです★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

|

2010.03.25

久しぶりに。。

明日はフレッシュレッスンです。。
ピンクのカーネーション・白のスプレー薔薇・チューリップを使ったブーケを作りますheart01


P1010004


今日の気温は0度typhoon
パラパラと雪が舞っていました。。。
すぐそこに春が来ているようで、まだまだ寒いですsnow
お花で春を感じましょうheart04

|

2010.03.22

茶器セット

台北101で買ってきた茶器セット。。
   

      P1010007



まったく予定していなかったですが、
中国茶が大好きでいつも飲んでいたのに道具が無かったと気付き‥
せっかくなので、茶器セットと茶盤(お湯を捨てるもの)も揃えました。。


                 P1010008

これは、茶の配件と言うらしく、お茶を量ったり、掃除、ピンセットと4点セットになっています。。  帰ってから、中国茶の時間が楽しくなりました~heart02


|

2010.03.18

台北101

3日目は朝から雨がかなり降っていたので、台北101で1日過ごしました。。


           P1010085_3

もう少し普通の店が集まっていると思っていたら、殆どがブランドショップがだったので、ウインドショッピングで時間つぶし‥
shineスワロフスキーのシャンパングラスが素敵だったな~と。。shineshine独り言。。。


     101_4

六本木ヒルズ・表参道ヒルズを合わせたような、お洒落な館内のお花はすべてピンクの大きな胡蝶蘭。。
空間も豪華ですがお花があるとホットしますね。。お花の数は凄いですheart04

|

2010.03.17

夜市

台湾に来たら夜市は必須sign03
士林夜市(スーリンイエスー)へ‥

      Photo

夕方から夜中まで営業していて凄い賑わいです~
チュニック900円、スカーフ300円、可愛いサンダルも500円くらいの値段‥
屋台で胡椒もちやタピオカミルクティー(とっても美味しい)、見るもの食べたくなってしまいます。
縁日大好きな私は童心にもどり楽しみましたheart04楽しいです~chick

|

飲茶

台北故宮博物院の本館4階にある「三希堂」で 休憩を兼ねて飲茶を頂きました。

       Photo_3


まったく期待はしていなかったのに、海老蒸し餃子、海老シュウマイ、小籠包などすべて美味しかったですheart04
        
            

|

2010.03.16

至善園

台北故宮博物院の敷地内にある庭園‥

    Photo_2
                 池には日本ではあまり見ない黒鳥が‥

    
     Photo_3


散歩しているとジャスミンの香りが漂っていました。
日々草に似た紫色のジャスミンの花はとっても綺麗shine


|

台北故宮博物院

2日目は台北故宮博物院の見学‥
故宮とは「昔の宮殿」を意味し、明・清代の皇帝が暮らした北京の紫禁城にたいする後の名称。収蔵品が65万点もあるので行くたびに違う秘宝を見ることが出来ます。
       

      P1010015

あまりにも技術の素晴らしさに感激sign03

豚の角煮そっくりのメノウ系の天然石を加工したもの・象牙細工・仏像・陶磁器・絵画など1日見学しても見尽くせませんでした‥

       

|

2010.03.15

台湾旅行

家族で台湾に行ってきましたairplane
台北だけの食べ歩きと故宮博物院がメイン‥

       
      Photo
       
      
20年前に行ったときとは違っていて、新幹線ができメトロもできて想像以上に近代的な空間に変わっていました‥
どちらかと言うと哀愁が漂う感じが好きだったかも??
1日目は北京ダックが有名な天厨菜館へ‥
北京ダック一羽はあまりにも多くて食べ切れませんでしたwobbly
お料理は全部美味しいですheart01


|

2010.03.10

パリへの想い。。

今までにパリは2回行ってますが、主人との旅行だったので、今年はお花の勉強やお料理の勉強に行けたらいいな、と考えています‥         
          
         P1010008_3
                ジョルジュ・フランソワさんのお花ですheart02


テーブルを勉強するようになって、やはりパリは必須ですねheart04
テーブルウエアー・雑貨屋巡り・フラワーショップのディスプレイを見たりして、パリ散歩してみたいですchick


|

2010.03.08

Table Decoration Textbook

      
      
         P1010003_4
      

テーブルイメージ・テーブルスタイル
歳時記を彩るテーブル・プリザーブドフラワーでおもてなし・様式について
ヨーロッパの食卓芸術と分かれていてテーブルコーディネートが解りやすく説明されています。
私のテーブルはテーブルスタイル「フレンチカントリーの略式ディナー」42P掲載です。食器はサラグレースのFontaineを使用しナイフレストを置いて大人可愛い気取らないディナー‥
キャンドルのおもてなしのお話もしていますheart02

shineご購入希望の方はメールにてお願いしますshine

Table Decoration Textbook
鬼頭郁子監修
フォーシーズンズプレス出版
2100円(税込み)

|

2010.03.07

出版記念パーティー

ハイアット リージェンシー東京の28階スカイルームでTable Decoration Textbook 出版記念パーティーがありました。
ゲストにはテーブル・お花業界の著名な方々も多数お集まりくださり90人の盛大なパーティーの始まりですbar

      P1010100_2

                          鬼頭郁子先生ご挨拶

      P1010081

                   shine鬼頭先生のモロッコのウエディングshine
             他に8名の先生方の素敵なテーブルも飾られていましたrestaurant


      Page

                藤野真紀子先生からお花もありました。

手前は鴨田先生が活けた花です。
ゲストのアンリ・シュロフ様、メレディス・カルデナス様、協会の磯部先生、今川先生はじめ素敵なサロンの先生が勢ぞろいでとっても華やかでしたよheart02

Table Decoration Textbook があまりにも素敵なのとレベルの高さに感激shine

|

2010.03.06

自由が丘散歩。。

      時間があれば自由が丘には行きたいところ。。
      目的を持たないで散歩しているだけでも癒されますshoe

    Cats

    
     Photo_4

       お花も綺麗に飾られ、雑貨やも沢山あって楽しい散歩chick


|

自由が丘

お友達のNorikoさんと自由が丘でお誕生日ランチ。。
自由が丘の閑静な街並みにたたずむ美しい庭に囲まれた一軒家。
京料理とエソプレッソの店「カフェ・ド・イシス」

       Cats
      
         内装はフレンチレストランなのに、お食事は和食。。

        Photo_3


デザートは地下にあるサロンでゆったりと和菓子のアフタヌーンティー
なんだか不思議な感じ。。でもこの雰囲気は好きheart04

       

        Photo_2

お庭は英国園芸家の吉谷桂子さんがプロデュースされた素敵な演出ですclub

|

2010.03.02

BIRTHDAY

息子の卒業と私のBIRTHDAYが重なり家族でお祝いしましたbirthday

        P1010015_4
  Cats_8 

シャンパンはアンドレ・ボーフォール・シャンパーニュbar優しいゴールド色でコルドンも綺麗heart02
とっても飲みやすくてお気に入りに‥

|

卒業。

賛美歌を合唱し、聖書朗読を聴き、パイプオルガンの演奏を聴きながらの厳かな
高校卒業式が終了しましたshine

      
           P1010009_4

          皆勤賞を頂き喜んでいる息子の笑顔がとっても可愛いlovely


           Cats_7

                      頑張りましたねshineおめでとうshine

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »