« 年間スケジュール | トップページ | 紋紗塗 »

2014.02.01

紋紗塗の販売についてのお知らせ

ザ・リッツカールトン東京で行われた、花・芸術文化協7周年作品展
6月サロン作品展で使用しました津軽塗(紋紗塗)の器が販売できることになりました。
紋紗塗は江戸時代、弘前藩士の刀の鞘に家紋を入れたり装飾をしたり粋な漆として親しまれていました。明治時代になり一時姿を消したようですが、今現在、松山継道さん親子によりモダンな漆として再現されています。

P8010110_2
                              器の中は艶有で、どんな料理にも合いますね。
  サイズは直径12cm、底の直径5・5cm、高さ7cm、重さは110gと軽いです。


                  

P8010112_2
                                  
外は艶無しで、薔薇の柄になっています。
                                                定価15,000円(税別)


和モダンテーブルに合う紋紗塗を松山継道さんに依頼をして私デザインの紋紗塗の器をつくりました。きっとテーブルコーディネートを素敵にしてくれるでしょう。モダンなおもてなしに活躍しそうですね。

2000_3_5


和・洋・中とどんなお料理も美しく盛り付けていただけます。
自分へのご褒美やプレゼントとしてもいいですね。1個からでも発送可能。
ご希望の方は、ご連絡をお待ちしています。


新潟のYosie先生が素敵なテーブルに使っていただきました。
また、こんな感じにラッピングもいたします。→

尚、注文をお受け後、松山さんに発注いたしますので、出来上がるまでに3か月はかかります。ご理解を頂きたいとおもいます。
また恐縮ですが注文後のキャンセルは出来ませんので宜しくお願いします。


shineお問い合わせやご相談は
Salon de Angela主宰 笹村恵子メール までお願いしますshine




|

« 年間スケジュール | トップページ | 紋紗塗 »