« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015.06.28

藤田記念庭園無料開放日

朝から冷たい雨が降っています。自宅から歩いて藤田記念庭園まで行ってきました。

藤田記念庭園は弘前市出身の藤田謙一氏(日本商工会議所初代会頭)が大正8年に別邸を構える際、東京から庭師を招いてつくらせた江戸風な景趣の庭園です。総面積は6,600坪もあり東北地方においても有数な庭園の一つです。


P6280228


P6280227


高台部にある洋館2階でいつもお花のレッスンをしています。
いつもとは違う場所から洋館を撮ってみましたが、まったく違う顔を持っていますね。
階段を下りていくと滝があります。。

Page001_2


P6280225

 

Page


今日から抹茶豆乳ラテが登場したということで、和館の縁側で一人ティータイム。。
雨音や滝の音を聞きながら、マイナスイオンを感じていました。ほっとします。


P6280219


P6280218


紫・白・水色の花菖蒲が見事に咲いていて綺麗でしたよ。
雨の庭園散歩は気持ちが良かったです。




|

2015.06.21

サロンレッスン

3期生のテーブルレッスンがありました。テーブル講義は「カトラリー」について。
カトラリーの種類や歴史(イタリアからフランスに伝わった)のお話しなどなど…



P6210272


カッコウの鳴き声を聞きながら、
お花はお庭のガーデンハウスで芍薬のブーケを束ねていきました。。
久し振りのスパイラルが難しかったようですが、なんとか完成です。

P6210283



テーブルはロイヤルコペンハーゲンの食器を使った北欧のガーデンスタイルに。。決して甘くなりすぎずにできています。



P6210302



P6210292


芍薬のお花は優美な気品を感じますね。
あまり他の種類のお花を使わなくても形になってくれるので嬉しい。

P6210284_2


今日は父の日なので、テーブルにお花を飾って日頃の感謝を込めてお食事をしたいとおもいます。




|

2015.06.18

ガーデンハウスで。。

ここのところ忙しい日々が続いていたので、久し振りにお庭のガーデンハウスでのんびりしていました。
朝早く起きて、草取りやバラのお手入れをしたり…


P6180211



ここに居ると、日常を忘れます。。


 

P6180212


何も考えない時間も好き…






|

2015.06.14

藤田記念庭園洋館花装飾

2日間開催していた洋館花装飾&テーブルコーディネート展示が終わりました。
洋館には神奈川県や和歌山県、岩手県からの観光客の方も多くいらしていて、偶然に遭遇したテーブル空間を熱心にみて下さいました。皆様、洋館巡りをしに来ていたようで、洋館カフェは賑わっていたようです。。
また、弘前の友人や知人の皆様も来て頂きまして有難うございます。

 

P6140180


Page001_2



P6140191_2


Page


綺麗ですねとお声掛けして下さったかたもいらして、嬉しかったです。

ご夫婦でいらしている方も多く、意外にご主人様がテーブルに興味を示していました。きっと、こんなテーブルで食事をしたいな~と思っているのかもしれませんね。
素敵なことだとおもいます。


P6130227



弘前城植物園のお花を使って空間演出をすることが出来たことに感謝をしたいとおもいます。

花市場で購入する花とは違う苦労が多々ありましたが、心地の良い疲れと無事にできた達成感を感じております。
みどりの協会のスタッフの皆様、弘前城植物園の関係の皆様、お手伝いの生徒の皆様、お疲れ様でした。そしてお世話になりました。


P6140162                                                     マイガーデン満開の薔薇アンジェラ。。

これからも美しい空間つくりに頑張っていきたいとおもいます。皆様、宜しくお願いします。




|

2015.06.13

藤田記念庭園洋館花装飾

藤田記念庭園洋館にて弘前城植物園の花装飾&テーブルコーディネート展示をしています。


P6130257


シャクヤクのブーケ。。

P6130256_2


ヤマボウシのアレンジメント。。


P6130200


シャクヤクをガラスにアレンジしています。


P6130241



P6130224



紫のパンジーをメインにしたガラスのテーブルコーディネート。。


P6130204

 

P6130198_2


パンジーのリース。。可愛いと人気でした。

明日14日の16時まで開催をしていますので、是非遊びにきてください。お待ちしています。
弘前城植物園では薔薇が見ごろになっています。そちらにも足を運んで頂ければ嬉しいです。







|

2015.06.12

準備風景

洋館花装飾の準備風景です。。
朝8時洋館に集合して、皆で弘前城植物園へ。。弘前城植物園の八熊さんとみどりの協会の五十嵐君も一緒にお手伝いをして頂きました。いつも有難うございます。


P6120155



P6120156_3


花を摘む少女?のようですね~


P6120143


まだ開園前なので見学のかたも居なく静かです。もくもくとお花を切ってトラックに積んでいきました。まさに重労働です。
今咲いている綺麗なお花を沢山積んでいきたいとおもいます。



P6120158



ヤマボウシ・薔薇・ウツギ・バンジー睡蓮他を乗せた車が洋館に到着。。凄いです~
水やりを十分にしてから会場を装飾。

気が付けば8時間も経っていましたが、皆とワイワイと楽しく準備をしていました。

明日13日(土曜)~14日(日曜)展示していますので、遊びに来てくださいね。
ガラスの花器にお花を入れてみました。。
テーブルは「ガラスのおもてなし」です。





|

2015.06.10

弘前城植物園の下見に。。

13日(土)~14日(日)に洋館にて花装飾するお花の確認をしたいと思い、弘前城植物園に行ってきました。


P6100185_2


みどりの協会の前田さん弘前城植物園の八熊主任(前回もお世話になった)と一緒です。

これはどうかな?と…使えそうなお花を探して園内を一回り。


P6100194_2


今年は桜も何もかも花の開花が早く。。

お花のセレクトによってまったく雰囲気が違うので、当日になるまで分からない状態です。
テーブルコーディネートも考えなくっちゃ…



P6100189_2


グリーンをメインにした演出を考えてみます~

12日~14日にお手伝いの生徒の皆様、宜しくお願いします。





|

2015.06.08

新聞掲載していただきました

先日の西麻布レストラン「アムール」での交流会の様子が陸奥新報の8日朝刊に掲載されました。陸奥新報社東京支社の長内記者、取材有難うございます。



P6080136



津軽塗は日本一丈夫な漆です。
輪島塗の倍の工程で作られているお話を漆芸家・松山継道さんから聞いていました。凄いですよね。

また、輪島の方が津軽塗のお箸を買うようで…理由を聞いたら津軽塗は丈夫だからだそうです。なるほど…

現代のテーブルに合う紋紗塗は渋くモダンで内に秘めた美しさを感じます。

また日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートをすることで商品価値を高め、日本の手仕事の素晴らしさを再認識していけたらいいですね。






|

2015.06.07

薔薇アンジェラ

東京から帰ると薔薇アンジェラはすっかり咲いていました。
ここのところ忙しかったので、水やりもアブラムシ対策も、ちゃんとしていなかったのに…しかし、良くみるとアブラムシが。。


P6070123001



P6070178


今朝は朝5時に起きて、水やりやオルトランを蒔いてお手入れしました。。
遅くなってごめんなさいね。



P6070126_2


ちゃんと毎日観察をしていないとだめですね。
朝の冷えた空気のなかでの作業は、気分爽快でした。。




|

2015.06.05

洋館レッスン

ローラン・ボーニッシュ先生に習ったスパイラルブーケのレッスン。。
パステルピンクの愛らしいブーケを作りました。。


P6050168_4



P6050150



P6050166



P6050160


生徒さん達のブーケです。プーケは難しいですが、何度も練習をしていきましょう。
初めての方が多かったですが、無事に完成し、ほっとしました。
どれも綺麗です。


P6050173001


終わった方からラッピングをしてお持ち帰りして頂きました。

お仕事が忙しくて、なかなか来れなかったYさん、久し振りの参加でしたね。やっとお花のレッスンができたと喜んでいました~
今日、お手伝いのMさんIさんお疲れ様でした。



P6050142



来週は13日(土曜)と14日(日曜)は洋館にて弘前城植物園のお花を使って花装飾をいたします。
是非、お時間を作って遊びに来てくださいね。お待ちしています。





|

2015.06.03

素敵なマダムに学ぶ交流会

花・芸術文化協会主催・西麻布の一軒家レストラン「アムール」で協会の皆様との交流会がありました。これからサロンをされる方は勿論、サロンを主宰されてご活躍している先生方も多数いらしていました。

P6030033_2


私は交流会の講師として「地場産業とコラボレーション」のお話をさせて頂きました。
地方でテーブルコーディネートのサロンを主宰していく大変さや津軽塗の歴史やコラボレーションの方法なと、地方目線で…

津軽塗は輪島塗の倍の工程で作られているので馬鹿塗り(多くの時間や手間を惜しげもなく使うことから)とも言われています。
日本一丈夫な漆なんですが、知らない方も多いですよね。


P6030040



オリジナルの津軽紋紗塗のテーブルコーディネートを展示させていただきました。
陸奥新報東京支社の取材もあったので、新聞掲載も楽しみにしたいとおもいます。いつも有難うございます。


Page002


八木千晶先生はカルチャ教室を11講座を持っているメリット・デメリットを。
また、磯部佐喜子先生は多くのメディアを中心に様々なスキルアップをされて活躍されているお話をしてくださいました。多くの事、勉強になります。


P6030062_3

左から岡田まり先生(アムールレストラン花装飾)・八木千晶先生・私・鬼頭郁子先生・磯部佐喜子先生と…



Page003


旬の食材を使ったコース料理も堪能してきました。


鬼頭先生、素敵な交流会を開催して頂きまして有難うございます。
久し振りに再会の先生達ともお話が弾み、楽しいひと時となりました。
お教室の情報交換はサロン主宰していると大事なことで、色々と参考になることが多く、頑張っている先生達の姿をみて、新たな気持ちでレッスンをしていきたいとおもいます。




|

2015.06.02

花と愉しむエレガントテーブル~アビラントの世界

新宿伊勢丹本館5階にてアビラントの新作やロングセラーを鬼頭郁子先生(花・芸術文化協会理事長)がコーディネートされていました。
鬼頭先生の洗練された美しいテーブルに魅了。。

P6020029


P6020030


P6020028


フランスを代表するリモージュ焼きメーカー「アビラント」は
銀座セレクトショップ「Isabella Konnsutannchinnにて購入ができます。
アビラント公式販売店になっています。





|

2015.06.01

フランス料理教室

マルタン先生の料理教室は毎回楽しみにしています。

Photo_2


我が家のテーブルには習った料理が登場することがしばしば。。ソースといい全ての完成度が高いです。基礎をしっかり習っていきたいです。


Page_2


(メニュー)

鶏のブロシェット レモングラス風味
ポワロ葱ときゅうりのサラダ ヨーグルトソース

鯛のロースト ニース風 あさり入り野菜のマリエール

チェリーとブルーベリーのクランブル

鶏のブロシェットはヨーグルトに一晩付けていてお肉も柔らかいし、さっぱりしています。
鯛のローストは皮がぱりぱりに焼けて、鯛はジューシー。
炒めた野菜にはサフランを加えてあるので、香りがいいです。
デザートもクランブルのサクサク感が果物とばっちりでした。

今回、料理の過程の写真をばっちり2時間撮ったと思ったのに…SDカードを入れ忘れていたのにびっくり。。試食タイムあたりから、慌てて携帯で写真を撮っていましたが、お料理しか撮れていないのには残念。

料理の工程が真っ白ですが。。
忘れないうちに作るしかないようですね。





|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »