« PastaYaイベントのご案内 | トップページ | サロンブーケレッスン »

2017.02.18

フランスワインの学び

今年もNHK文化センター弘前教室のワイン講習会に参加してきました。車の運転ができないので自宅から雪道を歩いて…
講師は東京恵比寿のタイユバンのワインショップ「La Vinée」店長の阿保孝史さん。

Page001_2

講義を始める前に、飲みながらやりましょうと、早速グラスにワインが注がれました。

P2180179_2


乾杯をするときは相手の目を必ず見てしましょう。中世の時代にワインに毒を入れることがあったので、貴方のこと信用していますよ。と言う意味があるそうです。

①Beaujolais Noveau 2016
②Beaujolais Noveau 2015
2015年と2016年のボジョレ・ヌーヴォーを飲み比べましたが、2016年はいつものボジョレーでしたが1年熟成したワインは色も濃くなり甘みも増して飲みやすい感じでした。

P2180182

③Chenas Les Carrieres 2014
ボジョレ・ヌーボは長期熟成する銘酒らしく、味わってみるとヌーボーとは全く違った世界を感じることができるそうです。

P2180183


④Chablis Cote de Lechet 1er Cru 2007
シャブリは日本で最も知名度の高いフランスワインの一つです。辛口の白では人気が高いです。きりっとして清涼感がありました。ドライフルーツのイチジクを食べてから飲むと酸味が強くなって嫌がる人も多いとか。

P2180186


⑤Costiers de Nimes ❝Les Nouvelles❞2014
酸化防腐剤を使用していないワインですが、香りに特徴があり、飲みなれてないので、好みではない感じでした。ブルーチーズと合わせたら、飲みやすくなりました。

P2180187


40年もののボジョレーを先生が冒険で持って下さり(空けてみないと飲めるか分からないと…)試飲させて頂きました。ブランデーのような色と香りでしたよ。貴重なワインを有難うございました。

P2180193


⑥Muscat de Beaume de Venisa 2014
シロップのような甘さがあり、デザートワインのような感じでした。美味しいです。冷蔵庫で長期保存できるのも魅力。

P2180195



今日頂いたワイン7本です。こういう飲み方を普段しないですが、説明を聞きながら試飲できるのは楽しいし、勉強になりました。

ワインは騒いで飲むのと、静かに味わって飲むのでは違います。折角なので、香りや酸味・渋みを楽しで飲んでみたいとおもいます。

阿保先生素敵なレッスンを有難うございました。


|

« PastaYaイベントのご案内 | トップページ | サロンブーケレッスン »

習い事」カテゴリの記事